スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台 嫌われ松子の一生
われ松子一生 の 感想

相変わらず時差べこなブログでごめんなさい!!!
記憶も完全にうろ覚えですが許しておくんなませ><


それにしても渋谷って迷うよね。笑
Wordsの時も迷ったし・・・駅がおかしいねん!←

会場は青山円形劇場だったんですけどめっちゃステージと客席が近くておったまげ~
劇場は円形でステージは十字だったんで立体感が出てていい感じでした。
舞台装飾がなんかすごくかわいかったなあ。
松子の思い出の品とか演技中に使われる小道具とかがステージを囲むようにいっぱい置いてありました。

うちらが行った公演では長谷川潤ちゃんが同じブロックに座ってましたよー!
「・・・あれ・・・長谷川潤ちゃんじゃね・・・?」って固まりました(笑)
可愛かったなあ(*´Д`*)美脚だったなあ(*´Д`*)小顔だったなあ(*´Д`*)


舞台の内容はドロッドロでした(笑)
なんか映画とか小説ではちょっとポップな部分もあるっぽいけど舞台は完全にドロッドロでした。
でも舞台だとドロッドロぐらいが面白いかもねー。
主演の長谷部優さんの体当たり演技に感動しました・・・
すごいパワーを感じました・・・
たかひろが日誌で言ってた通り「もうっ!!俺が守ってやるから!!」って思いましたね(笑)
松子ほんといい子なのによー

そしてお目当ての八女川(けいじくん)は紙袋をボンって落とす登場の仕方だったんですけど
その紙袋の中身が果物のオレンジでした。オシャレ・・・!←
ヤンデレって感じだったかなー松子の首絞めちゃったりね。抱きしめたりね。
松子の事が大好きなんです。そんな自分は迷惑だと思って自殺しちゃうんです。お馬鹿ですよね。
この二人は相思相愛度が高めだったんで悲しかったです・・・
けいじくんの演技は「怒」と「哀」の2つのテンションの演技が見れて面白かったー新しかったー
さっきまでにゃーにゃー言ってたのにいきなり綺麗と美しいの違いについて語りだしたり
松子と岡野(津田さん)の関係を問い詰めたり謝ったり短時間に色んな表情が見れて楽しかったー


6人の男達は松子を裏切ったり逃げたりしたけど確実に松子のことを愛していました。
龍くんも言ってましたわー松子の大きすぎる優しさに怖くなってしまったって!

松子は決して嫌われてはいません、むしろ愛されてました。
だけどどちらも不器用だったっておはなし。



それにしてもカーテンコールでお辞儀するときニヤけてたけいじくんは何!?ww
スポンサーサイト

<< ハハッの日 | home | 移転しました。 >>

comment

どーも(^o^)丿
今までのブログに一区切りがついたので、ブログ移転しました!!

http://yaplog.jp/zigeru/

名前も恥ずかしながら
なつみ→里鈴と変えてみたり(笑)
呼び方はどっちでもいいので!
これからも仲良くしてくれると嬉しいな\(^o^)/

>>なつみん

こちらでは遅れてごめんなさい><
移転了解でーす^^
本当なんて呼べばいいですか(笑)

post a comment

url:
comment:
pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。